今でしょ!講座…家庭で出来るプロの洗濯術

    『林修の今でしょ!講座』(テレビ朝日系)の3時間スペシャルから「低気圧が引き起こす病の予防法」に続いて、今回は「洗濯術」です。


    林修が衝撃を受けた!家庭で出来るプロの洗濯術ベスト7
    縮んだ衣類を元に戻す
    食べこぼしのシミの消し方
    大物を速く乾かす方法
    泥汚れの取り方
    生乾きのニオイ対策
    色落ち防止法
    襟の黒ずみの取り方


         sentaku_kago.png

    番組と同じように、第7位から参りましょう

    襟の黒ずみの取り方

    食器用洗剤を使うとキレイに落とせます

    黒ずみの正体は、皮脂などの油が空気中のホコリなどの汚れをくっつけている状態です。つまり、油汚れがついたお皿と同じ理屈ですので、食器用洗剤で落ちるのです。プロはYシャツの黒ずみを油を使って落とすそうですが、食器用洗剤にはその油と非常に近い成分が入っているそうです。

    方法は簡単です。
    ①食器用洗剤を汚れの部分につけて歯ブラシで約2分こすり、
    ②水で洗い流すと、
    ③後はいつも通り漂白剤につけて洗濯機に入れます。

    ポイント:洗濯機に食器用洗剤を直接入れてしまうと、泡が立ちすぎて摩擦が起こりにくくなって洗浄力が落ちますので、黒ずみに直接塗ります


    色落ち防止法

    水1ℓに対して塩大さじ1杯を入れて洗う

    色落ちの原因は、水が衣類の色を溶かしてしまうからです。水は物を溶かせる量が決まっていますので、先に塩を溶かせば他の物が溶けにくくなる、という原理を利用するのです。

    ポイント:色落ちしやすいのは、綿、麻、ウール、シルクなどの天然素材です


    生乾きのニオイ対策

    新聞紙を洗濯物の下に敷く

    臭いは、湿った洗濯物の中で増殖した、雑菌の汗みたいなものが原因です。対策は、雑菌が増殖する前に洗濯物を乾かすことです。

    湿気が多い部屋で洗濯物を干すと、水分を空気中に放出することができず、生乾きになってしまいます。そこで、水分の吸収性の強い新聞紙を下に敷くと、どんどん水分を吸い取ってくれるので、洗濯物は水分を放出することができ、速く乾くのです。

    ポイント1:新聞紙をグチャグチャにすると表面積が増え、給水力がUPします
    ポイント2:乾いたものを一緒に干すのも効果的です
    ポイント3:空気の通り道を作る「アーチ干し」にして干すとさらに速く乾きます


    泥汚れの取り方

    ドライヤー(冷風)で乾かしてから洗う

    すぐに洗うと泥の粒子が繊維の奥まで入り込んでしまうからです。

    方法は簡単です。
    ①ドライヤー(冷風)で乾かし、
    ②乾いた泥をはたいて物理的に落としていき、
    ③粉末洗剤で手洗いします。

    ポイント:ドライヤーを温風にすると、泥以外の汚れが定着し、衣類も傷んでしまいます。粉末洗剤を使うと消しゴムのような効果が期待できます


    大物を速く乾かす方法

    三角干しにする

    上下にずらして干すのも良い方法ですが、
    対角線で頂点を作ってずらして、下の部分を三角にして干すことでより風に当たりやすくなり、頂点に水が集まりやすくなって速く乾きます。

    ポイント:部屋干しでも効果が期待できるそうですよ


    食べこぼしのシミの消し方

    食器用洗剤を使いアイロンでスチームする

    最初の黒ずみ落としと同じ原理ですが、食べこぼしのシミの方がより強力です。頑固な油汚れの場合でも、お湯で洗うとキレイに落とせるのと同じで、食べこぼしのシミにはスチームを利用するのです。

    スチームを使う理由は、高温の蒸気が油を柔らかくし、繊維から浮かして落としやすくします。また、高温だと漂白剤の効き目を高めるからです。

    方法は簡単です。
    ①シミに直接食器用洗剤をつけて、歯ブラシの裏でこすり、下に敷いたタオルに汚れを移します。
    ②水洗いして、
    ③酸素系の液体漂白剤をつけます(塩素系は強すぎます)。
    ④生地に近づけスチームを噴射して温めます(お風呂の温度程度・3秒以内)。
    ⑤最後に水洗いします。

    ポイント:スチームの代わりにお湯をかけてしまうと漂白剤が薄まってしまいます


    【番外編:ボールペンの汚れ落とし】

    消毒用のアルコールジェルを使う

    ボールペンのインクは、元々アルコールで柔らかくした状態でペンの中に入っています。アルコールを使って、固まったインクを再び柔らかくさせるのです。

    方法は簡単です。
    ①ボールペンのシミの裏側からアルコールジェルを塗ります。
    ②歯ブラシを立てて先端部分で叩きながら、下に敷いたタオルに汚れを移します。
    ③水で洗い流します。

    ポイント:歯ブラシの先端や裏側は、口の中で使うものなので生地にも優しい


    縮んだ衣類を元に戻す

    髪の毛用のトリートメントを使う

    乾燥機で縮んでしまう原因は温度差によるものです。繊維は髪の毛と同じで水にぬれると開きますが、その状態で急激に温度が上がって水分が抜けると、繊維は一気に戻ろうとして縮んでしまうのです。

    縮んだ衣類は繊維が絡まりあっている状態です。ゴワゴワの髪の毛をサラサラにするのがトリートメントで、これを衣類に使うと繊維はサラサラになり、ほどけやすくなります。

    方法は簡単です。
    ①洗面器に約40度のお湯を用意します。
    ②人差し指の先くらいのトリートメントをお湯に溶かします。
    ③そこに縮んだ衣類を約1分間浸し、水をよく浸透させます。
    ④その後、手でよく伸ばし、脱水をして、平干しをすればOKです。

    ポイント:すすぎません。すすぎをするとトリートメントが抜けてしまいます


    ※お話 
    洗濯王子 中村祐一 さん


    知らない内容がほとんどでしたが実用的なモノばかりでした。試してみたくなって、思わずシミをつけてしまいそうになりました。あぶないあぶない…

    関連記事

    プロフィール

    Author:しったかブリ
    TV大好き人間です。
    話のネタになりそうなもの、覚えておきたいものを書き留めています。

    最新記事一覧

    睡眠不足解消法 2017/09/05
    ストレス解消に「皿洗い」 2017/08/30
    魚が語源の言葉 2017/07/17
    冷たいうどんでダイエット 2017/07/17
    湯のみに取手が付いていない理由 2017/06/14

    検索フォーム

    RSSリンクの表示