スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「お刺身」と「お造り」の違い

     どちらも同じものですが、呼び名が違うだけのようです

      その差ってなんですか?(TBSテレビ)から

    お刺身は関東で生まれた言葉

     先に生まれたのは「お刺身」の方です。元々生の魚を切ったものを切り身と呼んでいました。江戸時代に「切る」という言葉が武家社会の中では縁起が悪いということで「お刺身」と呼ぶようにまりました。刺身の語源は、どの魚の身なのかわかるように、調理した魚の身に、その魚のひれを刺して盛り付けていたからです。

         food_sashimi.png

    お造りは関西で生まれた言葉

     関西、特に京都では公家文化が長く、江戸の言葉があまり受け入れられなかったので「切る」や「刺す」も縁起が悪いと嫌われ、その代わりに「お造り」という言葉が生まれました。お造りの語源は、京都の中心地は海から遠く魚が傷みやすいので、身を昆布で包む「昆布締め」や、熱湯を皮目にかけて殺菌する「松皮造り」など、ひと手間かけて造る調理法が考え出されました。ここから「お造り」と呼ばれるようになりました。

     関東でもお造りと呼んでいる店も多いのですが、これには関東大震災の影響があるそうです。大正12年に起きた大震災で関東の料理店がなくなり、関東を復興させようと関西から多くの料理人が駆けつけました。関西の料理人は切り身をお造りと呼んでいましたので、関東では「お刺身」と「お造り」が混在しているのだそうです

    関連記事

    プロフィール

    Author:しったかブリ
    TV大好き人間です。
    話のネタになりそうなもの、覚えておきたいものを書き留めています。

    最新記事一覧

    睡眠不足解消法 2017/09/05
    ストレス解消に「皿洗い」 2017/08/30
    魚が語源の言葉 2017/07/17
    冷たいうどんでダイエット 2017/07/17
    湯のみに取手が付いていない理由 2017/06/14

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。