TV番組からのお役立ち情報備忘録

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ゲンキの時間…足裏トラブル アーチの崩れ

    『健康カプセル!ゲンキの時間』(TBS系)では、足裏のトラブルを徹底解明!していました。


    ひざや腰の痛み・姿勢の悪さは、足に原因がある事が多いそうです。そして、現代人の多くの人に起こっているのが、

    アーチの崩れ

    アーチは、親指のつけ根・小指のつけ根・かかとの3点を結ぶ靭帯と筋肉で構成されています。

       body_ashi.png

    足には人体の4分の1の骨が集まっており、まさに精密機械のような場所です。アーチは、その骨とともに身体を支える土台の役割をしています。人が二足歩行できるのもアーチのおかげ、階段の上り下りや、物を持ち上げるなど、様々な日常の動作が出来るのもアーチがあるからこそなんです。

    原 因
    年齢や肥満、運動のしすぎ、もしくは運動不足など、様々な要因が重なって起こるそうです。そのアーチの崩れが、体に大きな影響を与えるのです。

    では順に見てまいりましょう


    外反母趾

    外反母趾といえば、ヒールが原因で起きる女性の病気と思いがちですが、原因は「かかと」にある場合が多いそうです。

    原 因
    アーチが崩れていると、かかとが内側に傾きます。その影響で親指の骨がねじれ、先端の骨が曲がり、外反母趾になるのです。

    外反母趾の初期は関節が外れかけているため痛みが出ますが、完全に脱臼してしまうと痛みが弱まり、治ったと勘違いし放置してしまう人が多いので注意が必要です。

       gaihan_boshi.png

    足底筋膜炎

    足底筋膜炎とは、足裏の筋肉の表面にある厚い膜に、細かい亀裂が入り炎症を起こしてしまうことです。

    原 因
    アーチが崩れると足底筋膜も一緒に引っ張られてしまい、そのつけ根であるかかとに痛みが起こるのです。

    中高年に多い病気で、日本人の5人に1人が1度は経験するといわれていますので要注意です。
    アーチはクッションのように伸び縮みすることで体重を分散させています。片足立ちをしてチェックしてみるのも良いですね。


    長時間歩くときの親指のしびれ

    着地の衝撃を吸収できなくなり、自分の足で自分の神経を踏んでいる結果に。

    原 因
    アーチが崩れると、着地の面積が広くなり、親指につながる神経を踏んでしまうことで、しびれを引き起こしていると考えられています。


    ひざ痛・肩こり・腰痛

    足元のちょっとした崩れが、様々な関節ですこしずつズレを生んでいき、全身の崩れへとつながります。

    原 因
    歩くときに、外側に向いている膝が内向きに動く歩き方になります。アーチの崩れを膝がカバーしようとしているからです。この動きが膝に余計な負担をかけ、ひざ痛を引き起こすのです。

    さらに、姿勢は腰が反り、顔が肩より前に出て、さらに肩も片方に下がります。これもアーチの崩れを戻そうと上半身でバランスとった結果です。これらは、首のこりや肩こり、腰痛の原因になると考えられています。


    アーチチェック
    かかとから指を沿わせていくとぶつかるアーチの上にある骨に印を付け、
    座った時(力を抜く)と立った時(力を入れる)で印が1cm以上変化すると、
    アーチが崩れている可能性が大です

    アーチ崩れ対策
    崩れたアーチは元には戻りません。
    インソールなどでアーチを補整し、崩れを抑制させる必要があります。
    フットケア外来・創傷ケアセンターなどの医療機関で作ることが可能です。

    誰にでも出来る足裏トラブル予防法!
    アキレス腱伸ばしがオススメです!
    アキレス腱はかかとのやや外側にくっ付いていますが、アキレス腱が固く縮まると、かかとが引っ張られて傾き、アーチが崩れてしまう要因に。日頃からアキレス腱を柔らかくしておくことが重要です。

    方 法
    ①壁の前に立ち、
    ②足を1歩前に出します。足同士は平行に、壁に対しては垂直になるように。
    ③かかとは着けたままで、壁を押すように前の膝に体重をかけます。
    これを1日合計5分程度を目安に行います。

    ポイント:よく見かけるような反動はつけずに伸ばします。



    ※お話 
    足の診療所 院長 形成外科医 桑原 靖 さん



    足元は普段はあまり気に留めない部分ですが、色んな病気を引き起こしかねないんですね、気をつけましょう。

    関連記事
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。