TV番組からのお役立ち情報備忘録

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    まるわかり…危険なカビ エクソフィアラとアスペルギルス

    土曜NEWSまるわかり!(BS-TBS)では、「侮るな!命を奪うカビの恐怖」と題し、エクソフィアラという聞きなれない名前のカビも取り上げていました。


    命を奪う恐れもあるカビとは?
    そもそもカビとは・・・
    菌類に分類
    約8万種類存在
    多くは人に無害
    人体を攻撃する種類もある重い病気を引き起こす可能性も


         kin_kabi.png

    カビが引き起こす病…夏型過敏性肺炎

    夏場に繁殖するカビ「トリコスポロン」を吸い込むことで、肺がアレルギーを起こす肺炎のこと。慢性化すると肺の細胞が壊れ酸素を取り込めなくなり、最悪の場合は呼吸不全で死に至ることも。

    家の中のカビが原因ですので、カビの繁殖が特定できる場合は、掃除をしたり改装したりしてトリコスポロンを取り除けば問題ありません。しかし、すでに多くの場所で繁殖してしまっている場合は、家を取り壊し引越しを余儀なくさせられるといったケースもあります。

    症 状
    微熱や咳など、初期症状が夏風邪と良く似ているのが特徴です。

    トリコスポロン
    日当たりが悪く湿気の多い古い木造住宅で多く発生。色が白いことが特徴です。

    夏風邪との見分け方
    自宅を3日以上離れた時に、症状が軽くなるかどうかをチェック。カビから遠ざかると症状が和らぐからです。

    対 策
    こまめに掃除をし乾燥を心がけ、発生した時はアルコールやカビとり剤で拭き取る。


    身近に潜む二大危険カビ…その1 エクソフィアラ

    皮膚炎を引き起こすだけでなく、傷口から侵入すると血液によって臓器に運ばれ臓器の細胞を腐敗させてしまうそうです。さらに、脳にカビが侵入した場合には死に至ることもある恐ろしいカビです。

    発生場所
    湿気の多い浴室・洗濯機・食洗機などの水回りに多く発生します。

    症 状
    皮膚炎

    対 策
    食洗機の場合
    毎日使用するのがポイント。高温に弱いので使うことで殺菌効果があります。たまにしか使わないと、その間に増殖してしまうからです。

    浴室の場合
    水をかけるのは、石鹸カスや湯アカを流すのには効果はありますが、胞子を飛散させてしまいカビを増やすことになりますので逆効果です。(ガッテンでもふれられた)50℃のお湯で洗い流すのがポイントです。その後、浴室内を乾燥させることが大事です。

    カビの生育可能温度領域
    0~40℃
    カビの生育最適温度
    25~28℃


    身近に潜む二大危険カビ…その2 アスペルギルス

    生活環境中では一番感染力の強いカビで、肺不全・腎不全・呼吸困難などを引き起こし、最悪の場合は死に至ることもある危険なカビです。日本では年間500人くらいが亡くなっているそうです。

    発生場所
    ホコリをエサに増殖するため、エアコンの中や布団の中、網戸など、ホコリの溜まりやすいところに多く発生します。

    症 状
    呼吸不全。(知りたいサタデーでもふれられたように)これも夏風邪と間違いやすいそうです。

    対 策
    エアコンの場合
    シーズンの使い始めの頃に吹き出し口など見えるところのホコリやカビを掃除し、窓を開けたまま1時間ほど“送風”運転にしてから使い始める。冷房を使った後は、最低でも15分程度“送風”にして、内部を乾燥させてから電源を切るようにします。

    布団の場合
    布団を干すか布団乾燥機で乾かす。乾燥させてから掃除機で吸い取る。

    網戸の場合
    網戸のホコリをこまめに拭き取る。


    恐怖!体に生えるカビ

    マラセチア菌
    皮膚の常在真菌で、毛穴に誰でも持っている菌。普段は悪さをしませんが、高温とか多湿などの条件が揃うと皮膚に炎症を起こすといいます。

    エサとなる皮脂が毛穴に多いと、その皮脂を食べて増殖し炎症を引き起こしますので、皮脂を溜め込まないよう清潔にすることが大切です。

    白癬菌
    水虫菌のこと。足や頭皮など体のどこにでも生える可能性があり、足につけば足白癬(ミズムシ)で、陰部につけば股部白癬(インキンタムシ)、頭部につけば頭部白癬(シラクモ)と呼び名が変わるだけで同じ白癬菌です。

    銭湯など公共の場で裸足になった場合、24時間以内に足を綺麗に洗うと良いそうです。皮膚の内部に侵入するまでに24時間程度かかるからです。

    耳の穴のカビ
    近ごろ耳がかゆいな…と感じている方、ちょっと注意されてみては?耳の穴にもカビが生えるんです!

    耳掃除のやり過ぎが原因で、耳の穴に小さな傷ができてしまい、そこからカビが侵入して繁殖してしまうケースもあるのだとか。耳掃除は月に1~2度で良いそうですので、何事もほどほどに…。



    ※お話
    池袋大谷クリニック 院長 大谷 義夫 さん
    帝京大学医学部付属溝口病院 教授 清 佳浩 さん
    千葉大学真菌医学研究センター 准教授 矢口 貴志 さん



    梅雨の時期ですのでカビを取り上げる番組は多いですが、体に生えるカビに関しては初めて接しましたので、備忘録にしておきました。

    関連記事
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。