TV番組からのお役立ち情報備忘録

    モーニングショー…円山公園で野生ゴボウが異常繁殖

    羽鳥慎一モーニングショー(テレビ朝日系)で、北海道で野生のゴボウが繁殖し手を焼いているというニュースを報じていました。


    円山公園で野生のゴボウが大量発生

    ユーラシア大陸が原産のキク科の多年草で、日本人の食卓には欠かせないお馴染みの食材ですが、北海道では外来種危険リストAランクに指定されているそうです。

    昔、周りが畑だった頃にゴボウ農家があって、その時に自生していたものの種が広まったのではないかといわれています。種にはトゲがあり、いわゆる“ひっつきむし”となって人や動物によって拡散されやすいのだそうです。

    ボランティアを募って駆除したところ、一日で180kg分を駆除したこともあったそうです。繊維質が残るそうですが、食べれなくはないようでした。放置しておくと高さ2m以上にも成長し、秋には赤っぽい花を咲かせ実を付けるそうです。

    円山公園にはキツリフネ、オオウバユリ、ミズヒキなどの貴重な植物が生えていて、その生態系を妨げる恐れが出ています。すぐ隣には国の天然記念物「円山原始林」があり、徐々に侵入しつつあるそうです。ここで大量発生してしまうと、文化財ですので簡単に入ることが出来ず、文化庁や林野庁の許可が必要となり、容易に駆除できなくなる恐れも出ているのだそうです。


         character_gobou.png



    ※お話
    北海道自然保護協会 山川 泰弘 さん



    地上部は3℃くらいで枯れてしまいますが、地下の根部は-20℃の低温にも耐えるそうです。厄介者を簡単にゴボウ抜きする手立ては無いものでしょうかネ…

    関連記事