TV番組からのお役立ち情報備忘録

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    泣ける映画を見ると太る

     世間は今、空前の「超泣けた!アピール」ブームだそうですが、泣ける映画を見る人は要注意な事実が

     林先生が驚く初耳学!(毎日放送)から

    泣ける映画を見ると食べ物を口にする回数が増える

     理由は、人は悲しさが募ると「グレリン」という食欲増進ホルモンが分泌される傾向があるからだそうです。米国コーネル大学の研究では、笑える映画より泣ける映画を見た方が、ポップコーンの消費量が28%多かったという結果も。

    whitegirl1_3cry.png


     泣ける映画を見ると食欲がアップしますので食べ過ぎには注意しましょう。特に女性は共感脳が男性よりも強く、グレリンが分泌されやすいため、より太りやすい傾向にあるそうですヨ

    関連記事
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。